カードローンには担保も保証人もいりません

ショッピング中に欲しいものを見つけても、財布の中身が乏しければ、諦める他はありません。
しかしそれがいつでも買えるようなものなら良いものの、旅行先で見つけた場合や、バーゲンセール中の期間限定でしか買えないものなら、諦めたらもう二度と手に入ることはないでしょう。
あとで後悔するなら思い切って買っておいた方が良いので、お金が足りなくて買えないときにはカードローンを利用して購入することをおすすめします。
銀行や消費者金融など、自分が利用したいと思うローン会社に申し込むだけで、いつでも簡単に借入れすることが出来るので、今すぐお金が欲しい時にこれほど頼りになるものはありません。
事前にカードを作っておく必要がありますが、一度作れば、限度額いっぱいまで何度でも融資を受けることが出来るので、いざというときのためにカードだけでも作っておいてはいかがでしょうか?
カードローンは担保や保証人がいらないので、土地や不動産がなくても、保証人を頼めるような人が周囲にいなくても大丈夫です。
なぜ担保や保証人がいらないかというと、ローン会社のほとんどが、信用貸しという名目でお金を貸しているからなのです。
信用貸しとは何かというと、これは申込んだ人の信用を担保にして、お金を貸すということです。
ローン会社が申し込んだばかりの知らない人を信用するとは、どういう意味か分からないという方もあるかも知れませんが、この場合の信用とは、貸したお金を確実に返してくれるであろうという信用度のことを意味します。
土地や不動産といった、実際にあるわかりやすい物を担保にするのではなく、お金を確実に返してくれるであろうという信用をもとに融資しているので、要するにこの場合の信用とは、きちんと仕事をしているか否かということになります。
給料やボーナスが入れば、必ず返済してくれるだろうと予想して、審査の合格を決めているので、無職の場合は当然、不合格になります。
申し込んだ人の信用度というのは、ローン会社が持つ審査スコアリングシステムにより判断されます。
これはローン会社がそれぞれ独自に持っているようで、申込み者は年収やこれまで勤続してきた年数などのすべての属性から点数付けが行われることになります。
この顧客情報をデータベース化したものを利用して、この属性だったらどれだけ貸せるかなどを算出できるようになっているのです。
申込者によって限度額に違いがあるのは、この属性に違いがあるからです。
ゆえにパートやアルバイトに比べると、給料やボーナスが多い正社員や公務員の方が限度額が大きくなりますが、あまり借り過ぎても返すときに大変なので、常に限度額ギリギリまで借りるようなことはしない方が良いでしょう。
また、担保や保証人がない場合は、正社員であってもせいぜい300万円~500万円までの借入しか出来ませんが、 もしもっと大きな金額を借りたいという場合は、担保や保証人を用意することで、さらに多額の融資を受けることが可能です。

Comments are closed.

Post Navigation