カードローンとキャッシングの違いとは?

月末の給料日前になると、いつもお金が足りなくなるので困ってしまうという方は少なくありませんが、そんなときには銀行や消費者金融から借入することをおすすめします。
担保や保証人も必要ないので、電話やインターネットで申し込めばすぐにお金を手に入れることが出来ますし、仕事に就いていて、毎月安定した収入があるならパートやアルバイト、自営業の方でも審査に合格するので便利です。
とはいえローン会社から融資を受ける際は、カードローンとキャッシングの両方があるので、どう違うのかわからず、どっちを選んだら良いのかわからない方もあるかも知れませんね。
どちらも銀行や消費者金融などのローン会社からお金を借りることに変わりはありませんが、一部に違いがあります。
ですがローン会社によっては、利用者がわかりやすいよう、キャッシングをカードローンと呼んだりしているところもあるので、借りる場合にはそれほど明確な違いはないと考えて良いでしょう。
ただ返済方法には違いがあります。
キャッシングの場合は借り入れした金額を翌月に一括返済するか、または分割で返済するなどの返済方法になっています。
対してカードローンの返済方法は、リボ払い(リボルビング方式)を採用しているローン会社がほとんどです。
リボ払いは、毎月一定の金額を返済して行く方法で、分割払いと似ているところがあります。
しかしリボ払いは、残高に比例して返済額が決まっていくため、そこが分割払いとは違っていて、毎月一定の金額の支払いとなるので計画的に利用出来る利点があります。
カードローンは基本的には用途フリーなので、借りたお金はどう使おうと自由です。
無担保なので限度額は少なめに設定されていますが、給料日前のちょっとお金が足りないときに利用するのには最適でしょう。
この部分に関してはキャッシングと同じなので、返済方法が違う点を除けば、非常に似通ったサービスだと言えます。
住宅ローンや自動車ローン、子供のための学資ローンなどは、その目的にしか使うことは出来ませんが、カードローンやキャッシングにはこのような制限がないので、どんなことにでも自由に使うことが出来ます。
違いは返済方法だけなので、自分がもっとも利用しやすい方を選んで申し込むと良いでしょう。
次にどのローン会社を選んだら良いかということですが、銀行系と消費者金融系と信販系とがあるので迷うところです。
返済の事を考えると一番低金利で信頼性の高いのは銀行系なので、これを第一の候補に挙げたいところですが、審査が厳しいため、自信がない方は審査がゆるめの消費者金融系を選ぶと良いでしょう。
消費者金融系でも低金利のところが増えていますから、まずは公式サイトで金利を調べてから申し込むようにしましょう。
信販系は、金利や審査の基準については銀行系と消費者金融系の中間のようなものと考えて良いので、ショッピングを多く利用する方は、ローン機能付きのクレジットカードに申し込むことをおすすめします。

Comments are closed.

Post Navigation