即日融資ができるカードローン

カードローンというキャッシングは、今一番利用されていると思いますが、これにはいくつかの種類があるのをご存知ですか?
大きく分けて「銀行系」、「信販系」、「消費者金融系」という3つがあるのですが、この3つにはそれぞれメリットやデメリットがあります。
例えば、「銀行系は、金利が低いけれども審査には通りにくい」とか「消費者金融系は、金利は高いけれども審査には通りやすい」といったものです。
ここで、一番知られていないと思われる「信販系」について説明したいと思います。
端的に言ってしまうと、「信販系」は「銀行系」と「消費者金融系」の中間に位置しているカードローンであるのです。

融資を受ける方法は色々ありますが、中でも利便性が高い借入というとカードローンがあります。
カードローンは、担保なし・保証人なしで契約ができる個人向けの小口融資です。
大金を借りるのには向きませんが、生活上の一時資金として活用するには便利な金融商品になるでしょう。

引用元(全文を見る場合)はこちら即日融資(カードローン)について

それではどのような点が中間的なのかと言いますと、まず審査に通る基準が「銀行系」のそれよりも少し低く、「消費者金融系」よりは少し高く設定されているのです。
「銀行系の審査に通らなかったのだが、信販系の審査には通った!」という話をよく耳にするのはそのためです。
そして、貸し出し金利もやはり「銀行系」と「消費者金融系」の間に設定されています。
しかし最近では、「銀行系」とほぼ同じ金利で融資してくれる信販会社も増えてきているらしく、これが「信販系」の人気上昇の要因の一つなのだろうと考えられています。
また、「信販系」がクレジット会社のカードローンであるということは、利用する人に安心感を抱かせているはずです。
さらに、クレジットカードと一体となっている「信販系」は、ショッピングだけでなく急な出費にも対応しているので、カード1枚で全てに対応が可能であるという点も、非常に特徴的です。
これは、お手軽感をより感じさせてもくれます。
しかも限度額内ならば、複数回の利用が可能であるというのも、よくメリットの一つとして数えられています。
ただ、どんなものにも欠点があります。
これは仕方が無いことなのですが、「信販系」のデメリットは、「申し込みから利用可能になるまでの時間が、消費者金融系と比べて長くかかってしまう。
」というところです。
どこの信販会社でも、平均して2~3週間はかかると考えておいて良いでしょう。
ですから、すぐにまとまったお金が必要であるという人には、不向きなカードローンだと言えます。
せっかく「消費者金融系」よりも金利が安いのに、お金が必要になってから動いていたのでは「信販系」を利用できなくなってしまいます。
こうならないためにも、あらかじめ余裕を持って「信販系」に申し込んでおき、キャッシング機能をプラスしたクレジットカードを手元に用意しておくことをおススメします。
「備えあれば憂い無し」という言葉がピッタリくるのが、この「信販系」であると思うのです。
「銀行系」の審査に落ちても、すぐに「消費者金融系」に走らずに、まずは「信販系」の審査を申し込んでみてはどうでしょう?
もしこの審査に落ちたなら、そのときは「消費者金融系」の審査を受けるというのが、一番上手なカードローンの利用方法だと思います。

学ぶ気持ちが大事

kinyuu

私は10日に1冊の本を読むことを心がけています。
読書が人を作る・・・と言っても過言ではありません。

金融関係の本を定期的に読むことをお勧めします。

Comments are closed.

Post Navigation