収入を確保してからお金を借りよう

お金を借りるための基本は、「収入があること」です。
無職OKというローンは良心的だとされますが、ローンを利用しても必ず返済が待っています。
無収入の状態で借りても返済できないはずです。
また、無収入ではローンが利用できず、カードローンでも断られてしまいます。
「無職OK」「ブラックでも融資可」といったローンは避けたほうがいいでしょう。
とはいえ、カードローンの利用中に無職になってしまうことはありえます。
こうした場合は、まずは早急に職探しをすることです。
ローンで生活費を補うことも可能ですが、借りた翌月から返済が待っており、たとえ無職でも返済はしていく必要があります。
借りたということは、「返済能力がある」とみなされてしまうのです。
無職になった直後であれば、貸金業者には情報が流れていませんから、利用枠に余裕があれば出金できるでしょう。
しかし、就職の目処が立たない状態で借りるのはリスクが高いので、就職して最初の給料日までのお金を補うといった使い方をしたほうが無難でしょう。
リストラ・失業時のリスクに備えるためには、ある程度の貯金は残しておくことです。
最低でも給料の3ヶ月分、できれば6ヶ月分を確保しておきたいものです。
6ヶ月あれば入職は可能でしょうし、いざとなればバイトやパートでお金を稼ぐことはできます。
カードローンは貯金がまったくない方が利用するローンだと思われていますが、貯金がある方でも利用しているケースは多いです。
それは、貯金を残したうえで、金欠に対処するためなのです。
そうすれば、万が一無職になってローンの利用ができなくなっても、貯金で一時的にしのぐことができます。
貯金のない状態でローンを利用して、失業と同時に利用枠を減額されれば、お金を工面する方法を失います。
本職を失っても副業として収入がある方ならば、返済できる範囲で借りてもいいでしょう。
ただ、副業収入が不安定ならば、なるべく借入額は少額に抑えておきたいものです。
収入が少ない月でも確実に返済できる金額を設定しましょう。
ちなみに、カードローンを利用して家族に迷惑がかかることはありません。
テレビの世界では、親兄弟に返済の義務が回ることがありますが、本来は保証人の設定は不要なのです。
子どもが借りて返済できないとしても、親が負担する義務はありませんし、貸金業者も取立てをすることはできません。
これは債務整理においても同様なのです。
自己責任の自己処理が基本ですから、親や兄弟に返済を迫られることはありません。
カードローンは富裕層クラスの方も利用しており、これは万が一のときに備えるのが一番の理由です。
年収が多い方は、浪費傾向が激しいのです。
貧乏でもない大金持ちでもない中間層の人達は活発に消費するため、貯金がほとんどないという方もおります。
また、ローンの利用率も高く、100万円以上の借り入れをしている方も少なくありません。
年収が多いので返済していけるという自信もあるのでしょう。

豪華なデートをプレゼントしたかったのでカードローンを利用しました

私は年収が一般的な400万円で精密機械を製造する会社で働いています。
おつき合いをしている彼女に日ごろの感謝の気持ちをこめて、次の記念日に豪華なデートをプレゼントしようと計画しています。
月34万円のお給料で車のローンや維持費、そして都内マンションの家賃を支払って、その他の生活費も支払って・・・と支出が多くなり貯金も満足にできていません。
ですがもうすぐしたら記念日ですし、どうしてもすぐにお金が必要になりました。
そこで利用したのがカードローンなのですが、何でもネットで簡単に申し込むことができるので残業がある私の仕事でも、店舗に駆け込む必要がありません。
これは本当に嬉しかったですし、自宅に帰ってご飯を食べながら申し込みができるのですから気軽ですよね。
こんなに簡単に手続きできるとは知らなかったので、はじめは不安なことだらけでした。
というのもローンをしたら返済期日が勝手に決められるのか、その返済方法はどうすればいいのか、もし万が一返済が遅れてしまったら取立てに来られるのか、などわからない事だらけだったからです。
返済の期日は相談をすれば返すことが出来る期間を提案してくれるので、余裕のない人は担当者に連絡をすれば大丈夫です。
無利息の中には1週間と決められているところもあるようなので、金額にもよるかもしれませんので確認が必要ですね。
そして返済の方法なのですが、私のイメージではキャッシング会社に足を運んで返すというイメージがあったのですが、コンビニ振込みで大丈夫だそうです。
これにはとても驚きましたが、仕事終わりでも返済していくことができるのでとても楽です。
それにコンビニだったら家の近所にも沢山あるので、忘れて滞ることもないですし安心です。
それから一番気になっていたのが返済が滞ってしまった時に自宅まで督促をされるのか?というところでした。
これも大きな会社はトラブルを避けるためにそのような事を一切せず、登録した電話番号にまず連絡が入ります。
朝8時から夜の9時までなので、仕事が遅い私は出る事ができません。
そんな時は郵送で返済がないという証明書が送られてくるので、それに対応すれば大丈夫という事だったので、ここも問題ありませんね。
これで安心してカードローンを申し込むことができました。
私が借りたのは30万円で、金利が15パーセントだったので月々の返済は1万8千円なので返済も楽々返せる金額なので大丈夫です。
後は豪華なプランを実行するだけですが、私が予定しているのは彼女の為に花火を打ち上げるということです。
これに20万円ほどかかって、打上げ師の派遣で2万円ほどかかってきます。
後は豪華なホテルと食事と花束を用意すればバッチリです!
きっと喜んでくれるはずですし、今からワクワクして楽しみです。
初めは怖かったカードローンですが仕組みさえ知れば何も怖くありませんし、とても便利なものだと知れました。
もし急なお金が必要な人がいればカードローンをすすめたいと思います。

カードローンには担保も保証人もいりません

ショッピング中に欲しいものを見つけても、財布の中身が乏しければ、諦める他はありません。
しかしそれがいつでも買えるようなものなら良いものの、旅行先で見つけた場合や、バーゲンセール中の期間限定でしか買えないものなら、諦めたらもう二度と手に入ることはないでしょう。
あとで後悔するなら思い切って買っておいた方が良いので、お金が足りなくて買えないときにはカードローンを利用して購入することをおすすめします。
銀行や消費者金融など、自分が利用したいと思うローン会社に申し込むだけで、いつでも簡単に借入れすることが出来るので、今すぐお金が欲しい時にこれほど頼りになるものはありません。
事前にカードを作っておく必要がありますが、一度作れば、限度額いっぱいまで何度でも融資を受けることが出来るので、いざというときのためにカードだけでも作っておいてはいかがでしょうか?
カードローンは担保や保証人がいらないので、土地や不動産がなくても、保証人を頼めるような人が周囲にいなくても大丈夫です。
なぜ担保や保証人がいらないかというと、ローン会社のほとんどが、信用貸しという名目でお金を貸しているからなのです。
信用貸しとは何かというと、これは申込んだ人の信用を担保にして、お金を貸すということです。
ローン会社が申し込んだばかりの知らない人を信用するとは、どういう意味か分からないという方もあるかも知れませんが、この場合の信用とは、貸したお金を確実に返してくれるであろうという信用度のことを意味します。
土地や不動産といった、実際にあるわかりやすい物を担保にするのではなく、お金を確実に返してくれるであろうという信用をもとに融資しているので、要するにこの場合の信用とは、きちんと仕事をしているか否かということになります。
給料やボーナスが入れば、必ず返済してくれるだろうと予想して、審査の合格を決めているので、無職の場合は当然、不合格になります。
申し込んだ人の信用度というのは、ローン会社が持つ審査スコアリングシステムにより判断されます。
これはローン会社がそれぞれ独自に持っているようで、申込み者は年収やこれまで勤続してきた年数などのすべての属性から点数付けが行われることになります。
この顧客情報をデータベース化したものを利用して、この属性だったらどれだけ貸せるかなどを算出できるようになっているのです。
申込者によって限度額に違いがあるのは、この属性に違いがあるからです。
ゆえにパートやアルバイトに比べると、給料やボーナスが多い正社員や公務員の方が限度額が大きくなりますが、あまり借り過ぎても返すときに大変なので、常に限度額ギリギリまで借りるようなことはしない方が良いでしょう。
また、担保や保証人がない場合は、正社員であってもせいぜい300万円~500万円までの借入しか出来ませんが、 もしもっと大きな金額を借りたいという場合は、担保や保証人を用意することで、さらに多額の融資を受けることが可能です。

カードローンとキャッシングの違いとは?

月末の給料日前になると、いつもお金が足りなくなるので困ってしまうという方は少なくありませんが、そんなときには銀行や消費者金融から借入することをおすすめします。
担保や保証人も必要ないので、電話やインターネットで申し込めばすぐにお金を手に入れることが出来ますし、仕事に就いていて、毎月安定した収入があるならパートやアルバイト、自営業の方でも審査に合格するので便利です。
とはいえローン会社から融資を受ける際は、カードローンとキャッシングの両方があるので、どう違うのかわからず、どっちを選んだら良いのかわからない方もあるかも知れませんね。
どちらも銀行や消費者金融などのローン会社からお金を借りることに変わりはありませんが、一部に違いがあります。
ですがローン会社によっては、利用者がわかりやすいよう、キャッシングをカードローンと呼んだりしているところもあるので、借りる場合にはそれほど明確な違いはないと考えて良いでしょう。
ただ返済方法には違いがあります。
キャッシングの場合は借り入れした金額を翌月に一括返済するか、または分割で返済するなどの返済方法になっています。
対してカードローンの返済方法は、リボ払い(リボルビング方式)を採用しているローン会社がほとんどです。
リボ払いは、毎月一定の金額を返済して行く方法で、分割払いと似ているところがあります。
しかしリボ払いは、残高に比例して返済額が決まっていくため、そこが分割払いとは違っていて、毎月一定の金額の支払いとなるので計画的に利用出来る利点があります。
カードローンは基本的には用途フリーなので、借りたお金はどう使おうと自由です。
無担保なので限度額は少なめに設定されていますが、給料日前のちょっとお金が足りないときに利用するのには最適でしょう。
この部分に関してはキャッシングと同じなので、返済方法が違う点を除けば、非常に似通ったサービスだと言えます。
住宅ローンや自動車ローン、子供のための学資ローンなどは、その目的にしか使うことは出来ませんが、カードローンやキャッシングにはこのような制限がないので、どんなことにでも自由に使うことが出来ます。
違いは返済方法だけなので、自分がもっとも利用しやすい方を選んで申し込むと良いでしょう。
次にどのローン会社を選んだら良いかということですが、銀行系と消費者金融系と信販系とがあるので迷うところです。
返済の事を考えると一番低金利で信頼性の高いのは銀行系なので、これを第一の候補に挙げたいところですが、審査が厳しいため、自信がない方は審査がゆるめの消費者金融系を選ぶと良いでしょう。
消費者金融系でも低金利のところが増えていますから、まずは公式サイトで金利を調べてから申し込むようにしましょう。
信販系は、金利や審査の基準については銀行系と消費者金融系の中間のようなものと考えて良いので、ショッピングを多く利用する方は、ローン機能付きのクレジットカードに申し込むことをおすすめします。

即日融資ができるカードローン

カードローンというキャッシングは、今一番利用されていると思いますが、これにはいくつかの種類があるのをご存知ですか?
大きく分けて「銀行系」、「信販系」、「消費者金融系」という3つがあるのですが、この3つにはそれぞれメリットやデメリットがあります。
例えば、「銀行系は、金利が低いけれども審査には通りにくい」とか「消費者金融系は、金利は高いけれども審査には通りやすい」といったものです。
ここで、一番知られていないと思われる「信販系」について説明したいと思います。
端的に言ってしまうと、「信販系」は「銀行系」と「消費者金融系」の中間に位置しているカードローンであるのです。

融資を受ける方法は色々ありますが、中でも利便性が高い借入というとカードローンがあります。
カードローンは、担保なし・保証人なしで契約ができる個人向けの小口融資です。
大金を借りるのには向きませんが、生活上の一時資金として活用するには便利な金融商品になるでしょう。

引用元(全文を見る場合)はこちら即日融資(カードローン)について

それではどのような点が中間的なのかと言いますと、まず審査に通る基準が「銀行系」のそれよりも少し低く、「消費者金融系」よりは少し高く設定されているのです。
「銀行系の審査に通らなかったのだが、信販系の審査には通った!」という話をよく耳にするのはそのためです。
そして、貸し出し金利もやはり「銀行系」と「消費者金融系」の間に設定されています。
しかし最近では、「銀行系」とほぼ同じ金利で融資してくれる信販会社も増えてきているらしく、これが「信販系」の人気上昇の要因の一つなのだろうと考えられています。
また、「信販系」がクレジット会社のカードローンであるということは、利用する人に安心感を抱かせているはずです。
さらに、クレジットカードと一体となっている「信販系」は、ショッピングだけでなく急な出費にも対応しているので、カード1枚で全てに対応が可能であるという点も、非常に特徴的です。
これは、お手軽感をより感じさせてもくれます。
しかも限度額内ならば、複数回の利用が可能であるというのも、よくメリットの一つとして数えられています。
ただ、どんなものにも欠点があります。
これは仕方が無いことなのですが、「信販系」のデメリットは、「申し込みから利用可能になるまでの時間が、消費者金融系と比べて長くかかってしまう。
」というところです。
どこの信販会社でも、平均して2~3週間はかかると考えておいて良いでしょう。
ですから、すぐにまとまったお金が必要であるという人には、不向きなカードローンだと言えます。
せっかく「消費者金融系」よりも金利が安いのに、お金が必要になってから動いていたのでは「信販系」を利用できなくなってしまいます。
こうならないためにも、あらかじめ余裕を持って「信販系」に申し込んでおき、キャッシング機能をプラスしたクレジットカードを手元に用意しておくことをおススメします。
「備えあれば憂い無し」という言葉がピッタリくるのが、この「信販系」であると思うのです。
「銀行系」の審査に落ちても、すぐに「消費者金融系」に走らずに、まずは「信販系」の審査を申し込んでみてはどうでしょう?
もしこの審査に落ちたなら、そのときは「消費者金融系」の審査を受けるというのが、一番上手なカードローンの利用方法だと思います。

学ぶ気持ちが大事

kinyuu

私は10日に1冊の本を読むことを心がけています。
読書が人を作る・・・と言っても過言ではありません。

金融関係の本を定期的に読むことをお勧めします。